1000症例以上の実績。大学病院で培った高度な治療を提供。

1000症例以上の実績

医科に内科や眼科などの専門性があるように、歯科の分野でも一般歯科の治療と矯正治療とでは専門性や設備が異なります。当院は歯列矯正に特化した、矯正歯科医院です。矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)として歯並びと噛み合わせを整え、健康をもたらすことができるよう、より高度な矯正治療を目指しています。

院長は東京医科歯科大学歯学部歯学科を卒業、同大学院医歯学総合研究科・顎顔面矯正学分野・矯正歯科専攻課程を修了し、現在までに1000症例以上の治療実績があります。大学病院で培った技術を活かし、小さなお子さんからご年配、難症例まであらゆる患者さんの歯並びや噛み合わせを改善して参りました。

また、院長は日本矯正歯科学会の「認定医」の資格を持つ矯正治療のエキスパートでもあります。認定医とは、国内で最も権威のある日本矯正歯科学会が認める資格の一つで、相応の実力と実績があるドクターだけに与えられるものです。審査は厳しく、一定基準をクリアした歯科医師でなければ与えられません。

知っていますか? 矯正歯科医の選び方

矯正歯科医の選び方「矯正歯科」であれば、どこでも同じ――そう思っている方はいらっしゃいませんか?矯正治療はドクターの経験や技術力の違いが、治療結果にも影響を与える治療です。納得のいく治療を受けるために、優秀な矯正歯科医を選ぶことが一番といえます。

矯正歯科医を選ぶ時の判断基準の一つに、日本矯正歯科学会が認める「認定医制度」があります。日本矯正歯科学会は日本でもっとも権威ある矯正学会で、高い基準をクリアし、相当年数のキャリアと症例実績を積まなければ、認定医として認められません。

現在、その数は全国でもわずか2,700人程度。矯正治療を行う歯科医全体の約1割にしか過ぎません。このことからも、いかに難易度の高い資格であるかが、お分かりいただけると思います。

とはいえ、資格や経験はあくまでも一つの指標に過ぎません。常に最新の矯正装置や治療技術を学びながら、より高度な治療を目指しています。

<認定医資格取得の基準とは?>
認定医の資格を得ようとする者は、学会に申請し学会認定医委員会の審査に合格しなければならない。認定医の申請は、次の各号を満たす者に限られる。

1.歯科医師免許を有する者2.歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者3.学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわたり矯正歯科臨床研修を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者4.学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表した者5.学会倫理規定を遵守する者

カウンセリング予約