治療費について

治療に入る前までにかかる費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費(税抜)
初診相談料 初診相談料 30分~60分
初診ならびに矯正相談。
口腔内を診査し、矯正相談をお受けいたします。
1,000円
(未成年は保護者同伴)
2回目以降のご相談 2回目以降のご相談 初診後、再度カウンセリングご希望の場合です。 2,000円
セカンド
オピニオン
セカンドオピニオン 矯正歯科治療に関する、セカンドオピニオン相談を受け付けております。
他院で受けられた診断や治療方針に関してご意見を申し上げることを目的としております。
5,000円
精密検査料 精密検査料 30分~60分
口腔模型、顔貌写真、口腔内写真、レントゲンオルソパントモグラム、レントゲンセファログラムなどの項目が含まれます。
当院の精密検査料の料金には次の診断料も含まれております。
40,000円
診断 診断 30分~60分
矯正歯科学会の認定医による適確な診断が行われます。矯正歯科治療を受ける上で診断の適否が最も重要です。
診断しだいで治療結果に大きな差がでてきますので、ご注意ください。

成人矯正の費用

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費(税抜)
表側矯正 表側矯正 最もよく使われている矯正装置です。
ご希望により装置を選ぶことができます。
<透明な審美ブラケット、歯の色に近いワイヤーは追加料金なし>
透明な審美ブラケット
審美的なワイヤーのみ

500,000~700,000円
裏側矯正 裏側矯正 歯の裏側に矯正装置を装着します。 上下とも裏側からの舌側矯正
900,000~1,100,000円
上は裏側、下は表側からの矯正
800,000~1,000,000円
部分的な矯正   歯の一部のみ矯正を行います。 歯数により 50,000円~
マウスピース矯正
(インビザライン、
アソアライナー)
マウスピース矯正 うすい透明のマウスピース型の矯正装置を使用します。(調整料無料) 100,000~800,000円
保定装置料 保定装置 最新の目立たない保定装置です。 片顎 20,000円
家族割引 家族割引 患者さんのご家族が矯正歯科治療を当院で始められる際、費用より50,000円お値引致します。 -50,000円

お子さんの矯正費用

乳歯が残っている場合に行う矯正治療です。既に永久歯に生え変わっている場合は成人矯正になります。
※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費(税抜)
第1期治療 第1期治療 予防矯正、乳歯と永久歯が混じっている場合の矯正治療です。 200,000~300,000円
第2期治療費 第2期治療費 第1期治療の後、永久歯の仕上げに行う矯正治療です。 上記成人治療費用から
第1期治療費を引いた金額
ムーシールド ムーシールド 低年齢児の受け口治療に使用可能な矯正装置です。 70,000円
家族割引 家族割引 患者さんのご家族が矯正歯科治療を当院で始められる際、費用より50,000円お値引致します。 -50,000円

処置および調整料

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費(税抜)
管理処置料 管理処置料 30~60分
月に一度程度の調整を行います。
表側矯正
5,000円 × 回数

裏側矯正
6,000円 × 回数

マウスピース矯正
0円 ×回数
保定観察料 30~60分
矯正治療後、「後戻り」を防止するために、3ヶ月~半年毎に来院し、観察します。
3,000円

その他

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
項目 イメージ 内容 治療費(税抜)
PMTC PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング
プロによる、歯のクリーニング。歯ブラシで取れない歯石やコーヒー・ワイン・たばこのヤニ等の汚れを、専用の機器で取り除きます。
通常クリーニングは無料
フッ素塗布無料
担当医判断により処置
管理処置料に含まれる
ブラッシング
指導
ブラッシング指導 矯正治療時の虫歯予防を目的とします。 担当医判断により処置
管理処置料に含まれる

別途装置料について
患者さんの申し出による矯正再治療の場合や、装置紛失時などの際は別途装置代金がかかる場合がございます。

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いの他に分割払い、クレジットカードでお支払いいただけます。

一括支払い
現金またはクレジットカードでお支払いいただけます。

院内分割払い
まずはご相談ください。金利・手数料なし。

クレジットカード
クレジットカードでもお支払いいただけます。
card

矯正治療では原則として健康保険は適用されませんが、矯正治療費は医療費控除の対象になります。
医療費控除について


装置追加料金なし、再診料上限制度ありの安心できる料金体系。分割手数料なし。家族割引あり。

料金当院では、これまでに患者さんからいただいた意見を元に、最も安心して治療を受けていただけるよう、治療途中の装置の追加による治療費の変更をなくすとともに、トータル費用の上限制度を設けました。これは、治療費の上限をあらかじめ設定し、治療期間が予定より長くなっても、上限以上のお支払が発生しないシステムです。

一般的な料金体系と比較しても治療期間の延長や短縮に関わらず、最も費用が抑えられる料金体系となっております。

また、患者さんのご家族が矯正歯科治療を当院で始められる際、費用より50,000円(税抜)お値引致します。
お気軽にご相談ください。


料金設定には2タイプある

料金設定には2タイプあるトータル上限制度と通常の料金体系ではどのような違いがあるのでしょうか?一般的な矯正治療の料金体形には、次の2タイプあります。

Aタイプ:基本料+毎月の調整料
初期費用を抑えることができ、治療が早期完了した場合は費用が安くなります。逆に、治療が長引くと、高額になる場合があります。

Bタイプ:調整料込みのトータルフィー
通院回数にかかわらず通院期間中にかかるトータルフィーで料金を提示しています。毎月の調整料がなく、料金体系が明確です。治療が長引いても費用はかさみませんが、早く完了した場合は、割高になってしまいます。

どちらの料金体系にも一長一短があります。

2つのタイプのメリットを取ったトータル上限制度

トータル上限制度Aタイプの料金では、「いくらかかるかの分からないのが不安」という声が多く聞かれます。一方、Bタイプの料金では、「診察を受けている回数が違うのに、同じ料金になるのはおかしい」という意見をいただいたことがありました。

こうした意見に対し、当院ではトータル上限制度を採用しています。

当院:トータル上限制度(基本料+毎月発生する調整料)
通院回数にかかわらず矯正治療にかかる費用はトータルフィーで提示しておりますので、明確で分かりやすい料金体系といえます。

 

治療費用は料金設定でこんなに違う

成人の表側矯正で治療期間を2年と設定した場合の治療費用を比較してみました。

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
治療が予定通り2年間で終了した場合
A B 当院
検査料 40,000円 0円 40,000円
基本料 600,000円 800,000円 600,000円
毎月の調整料 5,000×24=120,000円 0円 5,000×24=120,000円
保定装置料 40,000円 0円 40,000円
合計 800,000円 800,000円 800,000円

治療が予定より早く1年半で終了した場合
A B 当院
検査料 40,000円 0円 40,000円
基本料 600,000円 800,000円 600,000円
毎月の調整料 5,000×18=90,000円 0円 5,000×18=90,000円
保定装置料 40,000円 0円 40,000円
合計 770,000円 800,000円 770,000円

治療が予定より延びて3年を要した場合
A B 当院
検査料 40,000円 0円 40,000円
基本料 600,000円 800,000円 600,000円
毎月の調整料 5,000×36=180,000円 0円 5,000×36=180,000円
保定装置料 40,000円 0円 40,000円
合計 860,000円 800,000円 トータル上限制度により
800,000円

こちらをご覧になれば、トータル上限制度が最も費用を抑えられることがお分かりいただけると思います。

治療期間の延長は、患者さんの治療費がかさむだけでなく、クリニックにとっても何のメリットもありません。トータル上限制度を取り入れることで、必然的に効率的な治療計画を立てる知恵と努力が求められてきます。

基本料金、トータル費用上限の設定は治療開始前に行い、ご納得された上で治療を受けていただいております。

カウンセリング予約