アソアライナー

アソインターナショナル社独自の、透明のマウスピース矯正装置。起源は韓国である。原則的にマウスピースを食事の時を除いて一日中使用して歯の移動を行う。透明であるため、殆ど人に気づかれずに歯列矯正を行うことができる。

石膏模型を分割、セットアップし、セットアップ模型からマウスピースを作成する。1回の印象採得で3ステップ分までマウスピースを作成することが可能である。矯正治療開始時のシリコン印象をスキャンして、全マウスピースを一度に作成するインビザラインと比較すると、印象採得の回数が多くなるが、その分、治療方針の修正が容易である。

インビザライン

透明のマウスピース矯正装置。世界中で約200万人の治療実績を持つ。舌側矯正(裏側矯正)と同様、人に気付かれずに矯正治療を行える方法の一つ。

マウスピースは終日の装着が必要であるが、食事の際には外す。2週間に1度新しいマウスピースに交換し、歯を移動していく。表側矯正と比較し、目立たないことの他、虫歯になりにくい、痛みが少ないというメリットも有る。

ただし、どんな症例でもインビザラインで治療が可能と言うわけではなく、専門医による判断が必要である。

マウスピース矯正

歯列矯正用ブラケットとワイヤーを用いず、数週間おきに交換するマウスピースを装着することによって、歯を動かす矯正治療法。インビザラインが最も有名で、世界で数百万人の治療実績が有る。

見えない矯正装置

矯正装置の見た目が気になる人に対して用いる、外見からはわからない装置。厳密には全く見えないということは無い。歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正(舌側矯正)と、インビザラインを代表とする取り外しのできる透明のマウスピース矯正に大別される。

invisalign

インビザライン。世界中で最もポピュラーな透明のマウスピース矯正装置。透明なので人に気付かれずに矯正治療を行うことができる。0.25mmずつ形状を変えたマウスピースを、2週間ごとに新しいものに交換して使用し、平均的な治療期間は1.5〜2年である。

見えない矯正装置であるという他、食事の際には外すので、快適に食事ができる、虫歯になりにくい、矯正の痛みの少ない、などのメリットも有る。

カウンセリング予約