エンドカッター

ワイヤーエンドを切断するための矯正用プライヤー。口腔内でも使用できるタイプは、カットした際にワイヤーが飛んでいってしまわないように、カットした部分を把持できる構造になっている。

シンチバックプライヤー

シンチバックを行うための矯正歯科用ブライヤー。左右が別々になっており2本必要なタイプと、1本で兼用するタイプがある。シンチバックプライヤーを用いるとチェアタイムを短縮することができるが、一点に力を集中させて屈曲しているため、元に戻す場合はワイヤーが破折することが多い。

ツイードアーチベンディングプライヤー

歯列矯正用のアーチワイヤーを屈曲するためのプライヤー。ファーストオーダーベンドからサードオーダーベンドまでの屈曲を行える。サードオーダーベンドの際には2本のプライヤーが必要となる。

パワーチェーン

矯正的な歯の移動のために用いられるゴムのこと。劣化するため、治療毎の交換が必要である。牽引に必要な力に応じて、力の弱いものから強いものまで、幾つかの種類が有る。

バンドコンタリングプライヤー

変形した歯列矯正用バンドを整形するためのプライヤー。先端の凸面と凹面でバンドを挟み込むように使用する。

バンドシーター

術者の力を利用するバンドプッシャーに対して、患者の咬合力を利用して、バンドを歯間に挿入するための道具。先端の凸部の形態はいくつかの種類が存在する。

バンドプッシャー

患者の歯間にバンドを挿入するための器具。手を滑らせると危険なため、しっかりとレストを置いて使用することが必要である。患者の咬合力を利用するバンドシーターと併用することが多い。

バンドリムーバー

歯列矯正用のバンドを撤去する為のプライヤー。支点となる部分を臼歯の咬合面に押し当て、バンドのエッジに先端を引っ掛けて上方へ引き上げるように使用する。

ピンカッター

結紮線モジュールパワーチェーンなどを切断するためのプライヤー。ピンアンドリガチャーカッター、カッティングプライヤーとも言う。アーチワイヤーに関しては、細いサイズのもの以外は切断の適用外である。

ホウプライヤー

歯列矯正用プライヤーの一つ。アーチワイヤーの把持、結紮などに用いられる。ヘッドの小さなスモールタイプも存在する。

ヤングプライヤー

矯正歯科用プライヤーの一つ。直径0.6〜0.7mm以上の比較的太いワイヤーの屈曲に用いる技工用プライヤーである。ループの大きさを変えられるように、筒状の先端部が3段になっている。

ループフォーミングプライヤー

オメガループなどのアーチワイヤーに付与するループを成形するためのプライヤー。先端の筒状の部分が3段になっており、成形するループのサイズを変えることができる。

レジンリムーバー

ブラケット撤去後に歯面に残ったボンディング材を撤去するためのプライヤー。パッドの部分を臼歯の咬合面や、切歯の切縁に当て、先端を残存したレジンのエッジに引っ掛け、上方へ弾くように使用する。

カウンセリング予約