ハーフリンガル(上顎は裏側矯正+下顎は表側矯正)が人気の理由

ハーフリンガル

実は日本で行われている裏側矯正(舌側矯正)のうち、過半数がハーフリンガル(上顎は裏側矯正で下顎が表側矯正)で、とても人気の高い治療法です。意外に思われる方は、周りの人がハーフリンガルで矯正治療をしていることに気づいていないのでしょう。それくらい目立たずに矯正治療を進めることができます。更に当院では下顎に審美ブラケットとホワイトワイヤーを用いるため、より目立ちません。

ハーフリンガル(上顎は裏側矯正+下顎は表側矯正)のメリット

費用が上下裏側矯正より安い
上下裏側矯正(舌側矯正)よりハーフリンガルの方が20万円くらい安いのが一般的です。

違和感が少ない
下顎裏側の装置は舌にあたるため表側より違和感が強く、装着当初は滑舌も悪くなりがちです(上下裏側でも時間とともに慣れていきます)。

●ハーフリンガルが比較的向いている症例
出っ歯(上顎前突)の矯正治療の場合、下顎の歯は奥にあり目立たないため、ハーフリンガルで治療しているとほとんど気づかれません。

●ハーフリンガルがあまり向いていない症例
反対咬合(下顎前突)の矯正治療の場合、下顎の歯は前に出ているため装置が見えてしまいます。

カウンセリング予約