矯正歯科医ができるまで

矯正歯科医そもそも矯正歯科医とはどのようなドクターを指すのでしょうか。

歯科医師は6年制の大学を卒業後、1年間の臨床研修を行います。その後、矯正治療の技術を習得希望のドクターは大学病院の矯正歯科分野へ進学します。各大学によりカリキュラムはさまざまですが3〜5年の期間で修了となります。ドクター目線で見ると、これらの課程を経ているドクターがいわゆる矯正歯科医となります。

ところが矯正治療の研修を受けていないドクターが、矯正歯科治療を行ったり、矯正歯科専門医院を開業したりすることが規制されているわけではありませんので、選ぶ患者さん側の注意が必要です。

矯正歯科医院を選ぶ際には、ドクターの経歴(大学病院矯正歯科分野での在籍年数)は確認しておきましょう。また、本当にそのドクターは常勤なのか、事前にどのドクターが毎回治療を担当するか確認した方が良いでしょう。

カウンセリング予約