インビザライン(マウスピース型矯正装置)のデメリット

適用症例が限られている
マウスピース矯正の適用範囲は広がってきてはいますが、まだワイヤー矯正のようにどんな症例でも対応できるものではありません。上記にあげたようにマウスピース矯正には一般受けしやすいメリットがたくさん有ります。そんなに良いことばかりなら矯正装置はマウスピースだけで良いと思いませんか?でもそうはなっていません。

安易に選択して失敗している例が増えていますので注意が必要です。また、マウスピース矯正専門医院、マウスピース矯正センターというあいまいな言葉がインターネット上では乱立しています。マウスピース矯正専門医院であれば難しい治療も可能などという話に医学的な根拠はありません。少しでも不安を感じた場合は一度ご相談下さい。

使用時間を守る必要がある
当たり前なのですが、インビザラインをはじめとするマウスピース型矯正装置は取り外せるというメリットが有る反面、外してばかりでは治らないというデメリットがあります。インビザラインを製造しているアラインテクノロジー社は1日22時間以上を推奨していますが、私の感覚としては現実的ではなく、1日18〜20時間使用できれば問題ないと考えています。

カウンセリング予約