歯科用CTとセファログラムの複合機を導入

歯科用CT矯正治療に欠かせない医療機器は、セファログラム(頭部X線規格写真)と歯科用CTです。当院では、レントゲン装置、パノラマ、セファログラム、CTの複合機【ORTHOPHOS SL 3D】を導入し、多角的な診査と診断を速やかに行うことができるようになりました。

また撮影した画像をもとに、患者さんにわかりやすくご説明するビジュアルツールも整備し、理解し納得していただいた上で治療を進めていきます。歯を抜かない矯正治療が可能かどうかの判断も速やかにでき、また成長予測や治療結果のシミュレーションをその場で見ていただくことができるので、患者さんにも好評です。

セファログラムで何がわかるの?歯科用CT
矯正歯科が一般歯科と異なるところは、セファログラム(頭部X線規格写真)を使って、顔面や頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を下すことです。セファログラムでは、「上下顎の大きさとそのズレ」「顎の形」「歯の傾斜角」「口元のバランス」などがわかります。

矯正治療を専門とする当院では、セファログラムを使って、顔面や頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を行い、精確な治療計画をご提案します。また矯正治療がスタートした後も、定期的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を確認しながら、精度の高い治療を行います。

矯正治療にも必要な歯科用CT歯科用CT
通常のレントゲン写真ではわからない血管や骨などの詳細が、歯科用CTでは精密にしかも立体的に見ることができます。当院では、より正確な診断が必要とされるケースには、必ず歯科用CTで撮影を行います。院内にCT設備があるため患者さんに負担をかけることなく、速やかに撮影して診断することができます。必要な場合には治療中にも撮影を行うなど機敏な対応も可能です。

カウンセリング予約