副院長プロフィール 伊藤洋介

副院長プロフィール横浜フォルテ矯正歯科 副院長/伊藤 洋介

●経歴
暁星高等学校卒業
東京医科歯科大学歯学部卒業
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面矯正学分野卒業 博士号取得
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面矯正学分野 医員
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科顎顔面矯正学分野 助教
日本矯正歯科学会認定医

副院長プロフィール 佐藤麻緒

副院長プロフィール横浜フォルテ矯正歯科 副院長/佐藤 麻緒

●経歴
埼玉県浦和市出身
成蹊高等学校卒業
日本大学歯学部歯学科卒業
東京医科歯科大学医歯学総合研究科顎顔面矯正学分野専攻生課程修了
国立成育医療センター非常勤歯科医師


はじめまして。
横浜フォルテ矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

○「安心」と「信頼」を育てる場所であるために
歯科矯正治療は近年飛躍的な変化を遂げ、装置の機能だけでなく審美的な面も向上されました。それにより、子供から大人まで幅広い年代に浸透し、より身近な存在になってきているように思えます。矯正治療によって得られる利点は数多く、歯並びはもちろんのこと、美しい顔立ちを得られます。また、発音、嚥下、呼吸、舌と唇のバランスを整えられる場合もあります。

矯正治療では、長く安定した噛み合わせを維持するためにも、比較的長期間通っていただくことになります。そのために歯のことなら何でも相談できる場所、「安心」と「信頼」を育てる場所であることがとても大切だと考えております。来院される方々が心からリラックスしながら美しい歯を目指せる医院になるよう努力していきたいと思っております。

○自身の小児矯正治療の経験から
「なぜ歯医者さんに通っているのだろう・・・??」
母の苦労も知らず幼い頃そんなことを感じていました。

子供の自らの疑問をわかりやすく、かみ砕いて伝えたい、一緒に解決していきたい。矯正治療を介し、子どもたちの自立心を育て、お父さん、お母さんと先生、スタッフが協力して、将来の、これからの未来の日本を作っていく子ども達の成長のお手伝いをしていきたい。二人三脚で子供たちの将来を真面目に考えていきたいと考えています。

きれいな歯並び、良い噛み合わせ、素敵な笑顔は人生をより良くするものです。お子様から大人まで、歯並びや噛み合わせが気になる方はお気軽にご相談ください。お子様の明るい未来のために、自分のために・・・・今できること。

副院長 佐藤 麻緒

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

カウンセリング予約