白い歯

ホワイトニング

近年、口もとの審美性に関心が向けられてきています。白い歯は笑顔をさらに美しく見せます。また清潔な印象を与えるだけでなく、顔全体の明るいイメージにもつながります。

歯が黄ばむ原因
●歯の着色
カレーやコーヒー、赤ワインなどの色素の強いものを長年摂っていると、歯に色素が浸透していきます。歯の表面に着いた汚れは落とすことができますが、歯に入り込んでしまった黄ばみはクリーニングでは落とせないのです。

●加齢
歯の表面は透明感のあるエナメル質でできています。その内部にある象牙質はもともと黄ばみがかっています。そしてその黄ばみは加齢とともに濃くなっていくため、加齢とともにだんだん歯が黄ばんで見えてきます。

まずはクリーニング!!ホワイトニング
ご自分で歯の黄ばみが気になった時、まずは歯科クリニックで汚れを落とすことができます。歯の表面に付着している汚れは、ヤニのように部分的に茶色になっていればご自分でもわかりやすいと思いますが、歯全体に膜のように歯垢が付着している場合や、歯の間や際に歯石が溜まり、歯が全体的に黄色っぽく見えている場合もあります。このような場合、クリーニングをすることで本来の綺麗な歯の色が見えてきます。(被せ物や詰め物でも場合によっては磨いて着色を落とすことができるので、歯がキレイに見えます。)

しかし、歯の内部に入り込んでしまった黄ばみはクリーニングでは落とせません。そこでホワイトニングで白い歯に戻すことができます。

歯のホワイトニングとは

一度削ってしまった歯はもとに戻すことはできません。歯を削ったりせずに、歯科のホワイトニング剤を使用して、歯そのものを白くします。

ホワイトニングの種類
●オフィスホワイトニングオフィスホワイトニング
歯科医院で行う方法です。ホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、ホワイトニング専用の光を照射して歯を白くします。これを数回繰り返します。個人差はありますが、回数を重ねるごとに白さが増します。歯科クリニック専用のホワイトニング剤と専用の光を使用して施術します。

オフィスホワイトニングの種類も様々あります。ホワイトニング剤によって濃度の違いや照射する光の種類、強さも様々です。国内メーカーのものから海外メーカーのものまで、最近はホワイトニング剤の種類も増えてきています。

●ホームホワイトニングホームホワイトニング
ご自宅で行って頂く方法です。歯科クリニックで歯型をとり、ご自分専用のマウスピースを作ります。ホームホワイトニング用のジェルをマウスピースに盛り、そのマウスピースをはめてホワイトニングを行います。使用するジェルの濃度が抑えられており、時間をかけてゆっくり歯を白くしていきます。ご自分の歯の状態により使用時間も変わります。1日約数10分〜数時間で、数日から数週間行います。

●デュアルホワイトニングデュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行っていく方法です。 オフィスホワイトニングを行いつつ、来院と来院の間の期間にご自宅でホームホワイトニンングを行い、歯を白くします。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
メリット ・歯科医院で行うため、手間がかからない
・特に自分でやることはない
・歯にしみにくい
・施術毎に来院する必要はない
・歯の内部に浸透するため、白くなりやすい
・仕上がりに透明感がある
デメリット ・しみる可能性がある
・来院の必要がある
・仕上がりに歯の透明感がない場合がある
・時間がかかる
・自分で行うため手間がかかる

*両方に共通する注意事項で、施術後、色素の濃い飲食物は摂取できません。

ホワイトニングについての注意点

ホワイトニングできない方
・妊娠している、または授乳中である
・知覚過敏がある
・無カタラーゼ症である(ホワイトニング剤の成分を分解できないため、効果がない)
・光にアレルギーがある
・ホワイトニング剤にアレルギーがある

ホワイトニングによる歯のしみる症状歯のしみる症状
ホワイトニングをする際に一番気をつけなくてはいけないことは、歯がしみる症状が出る可能性があるということです。オフィスホワイトニングでは、過酸化水素水という漂白成分を使用して歯を白くします。それにより一時的に歯が脱水状態になります。その際、歯のしみる症状が出るケースがあります。一時的なもので、お口の中の唾液により水分が補給され、24時間以内にはしみる症状が治まると言われています。

●しみやすい歯
・知覚過敏がある
・歯ぎしりなどで歯にダメージがある、または削れている
・歯にヒビがある(一見わからないくらい細かいヒビの場合もある) 

歯の状態次第では、ホワイトニングができなかったり、また使用するホワイトニング剤を変更することもあります。

ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングしみる可能性を抑え、歯が白くなりやすいホワイトニングで、ポリリン酸ナトリウムという成分にプラチナナノコロイドを配合したものです。ポリリン酸の特徴として、抗菌や着色除去、沈着防止があります。なお、ポリリン酸ナトリウムは日本で食品添加物として認可されている体の負担を考えた素材です。

ポリリンプラチナホワイトニングの特徴
・しみにくい
・白くなりやすい
・透明感のある綺麗な仕上がり
・ホワイトニング効果が長持ちする
・施術後の飲食の制限が特にない

●なぜ、しみにくい?
オフィスホワイトニングでは、過酸化水素水という漂白成分を使用し、歯を白くします。それにより一時的に歯の水分が出ていき、歯にしみる症状が現れるケースがあります。しかし、ポリリンプラチナホワイトニングの成分であるポリリン酸は過酸化水素水とともに歯の内部まで浸透して行き、水分が抜けてしまう分を補います。(もともと、歯にヒビがあったり、歯ぎしりなどでダメージがある場合はしみることがあります)

●なぜ、より透明感のある白い歯になりやすい?
ポリリンプラチナホワイトニングに含まれるプラチナにより、歯を白くなるための過酸化水素水の反応を促進するとともに、専用のライトを照射することにより、ポリリン酸の着色除去効果を促進することで、ホワイトニング効果を高めています。また従来のオフィスホワイトニングでは、多少歯の脱灰が起こることで透明感が失われることもあるのですが、ポリリン酸が歯の成分と反応することで脱灰を抑えることができます。

●なぜ、効果が長持ちする?
歯の成分と反応したポリリン酸により歯がコーティングされることで、着色の沈着防止効果が続くので、色素の濃いものを摂取した際の歯への沈着を防ぎます。そのため、ホワイトニング効果が持続します。

●なぜ、施術後の飲食の制限はない?
従来のホワイトニングでは、歯の水分が出てくため、お口の中の唾液の水分を吸収して元の歯の状態に戻します。その際に色素の濃いものを摂取すると、その色素も一緒に吸収してしまいます。そのため、飲食の制限があるのですが、ポリリンプラチナホワイトニングでの施術後は、ポリリン酸により歯がコーティングされていて色素の吸収が防止されるため、飲食の制限はないのです。

ホワイトニングの効果があまり望めない歯

ホワイトニングは天然のご自分の歯にしか適用されないため、被せ物や詰め物自体にホワイトニングの効果はありません。

エナメル質・象牙質形成不全症(もともと歯の質に異常がある)重度のテトラサイクリン変色歯(生まれつき歯がグレーがかった変色をしている)神経を抜いた歯(神経を抜いた歯は神経のある歯に比べるとホワイトニングしても白くなりません。しかし、神経を抜いた自分の歯自体を別の方法で白くすることができます)

ホワイトニング効果にムラが出る可能性がある歯
●歯にまだら模様(バンディング)の変色がある歯
ホワイトニングを繰り返すことで綺麗になっていきますが、最初は、まだら模様が浮き出てしまうことがあります。

●歯の表面に白い点(ホワイトスポット)がある
白い点が目立ってしまうことがあります。

このように、キレイなホワイトニング効果が望めない歯を白くしたい場合は、ホワイトニング以外の方法があります。

ウォーキングブリーチ(神経を抜いて変色した歯を白くする方法)ウォーキングブリーチ
歯の裏から穴を開けて(神経の処置をした時点ですでに歯は削られている)、そこにホワイトニング剤を入れ、仮の蓋をします。白くなったらホワイトニング剤を取り除き、最終的な蓋をします。ゆっくり白くなるので数週間かかります。1〜2週間ごとに来院してホワイトニング剤の交換をしますが、特にご自宅でやることはありません。

ホワイトニングができない歯(ご自身の歯、詰め物、被せ物)を白くする方法
保険の白い詰め物や被せ物には、プラスティック素材が使われているため水分を吸収します。そのため使っているうちに色が変色します。(カレーを入れたタッパーがだんだん黄色くなっていくのと同じイメージです)。天然の歯と同じで、表面の汚れは落とせますが、入り込んでしまった色素の沈着はクリーニングでは落とせません。

●ラミネートベニアラミネートベニア
歯の表側の面を数ミリ削って型をとり、セラミックスを貼り付ける方法です。基本的には半永久的に使えますが、噛み合わせや歯の状態によっては、剥がれやすかったり、適用できない場合もあります。

●オールセラミックスオールセラミックス
歯を削って、人工的な被せ物を作る方法です。歯を削る必要がありますが、長持ちします。また歯の色のグラデーションまで再現できるものもあるので、より自然に白い歯をつくれます。セラミックス製のため、変色しません。(陶器のコップと同じで、頻繁に色素の濃いものを摂取すると表面に汚れが付着することはありますが、セラミックス自体は変色しません)

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

カウンセリング予約