矯正治療のためにさまざまな設備を導入しました

設備

「歯を移動させて歯並びを治す」という矯正治療は、歯科の中でも特殊で専門的な分野であり、診査や診断方法、治療技術も一般的な歯科とは大きく異なり、専用の設備も必要となります。当院では、患者さんの負担を緩和し、ご満足いただける矯正治療をご提供するため、矯正治療に適した設備を整えています。

歯科用CTとセファログラムの複合機を導入

歯科用CT矯正治療に欠かせない医療機器は、セファログラム(頭部X線規格写真)と歯科用CTです。当院では、レントゲン装置、パノラマ、セファログラム、CTの複合機【ORTHOPHOS SL 3D】を導入し、多角的な診査と診断を行うことができるようになりました。

また撮影した画像をもとに、患者さんにわかりやすくご説明するビジュアルツールも整備し、理解し納得していただいた上で治療を進めていきます。歯を抜かない矯正治療が可能かどうかの判断も速やかにでき、また成長予測や治療結果のシミュレーションをその場で見ていただくことができます

セファログラムで何がわかるの?歯科用CT
矯正歯科が一般的な歯科と異なるところは、セファログラム(頭部X線規格写真)を使って、顔面や頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を下すことです。セファログラムでは、「上下顎の大きさとそのズレ」「顎の形」「歯の傾斜角」「口元のバランス」などがわかります。

矯正治療を専門とする当院では、セファログラムを使って、顔面や頭部のレントゲン写真を撮影して分析・診断を行い、患者さんにふさわしい治療計画をご提案します。また矯正治療がスタートした後も、定期的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を確認しながら治療を行います。

矯正治療にも必要な歯科用CT歯科用CT
通常のレントゲン写真ではわからない血管や骨などの詳細が、歯科用CTでは立体的に見ることができます。当院では診断が必要とされるケースには、必ず歯科用CTで撮影を行います。院内にCT設備があるため患者さんに負担をかけることなく撮影して診断することができます。必要な場合には治療中にも撮影を行うなど機敏な対応も可能です。

院内感染対策を踏まえ衛生管理に気をつけています

患者さんの健康を守り、よりよい医療を提供するクリニックとして滅菌対策は当然と考え、クラスBの高圧蒸気滅菌器などの滅菌システムを整備しました。またタービンやハンドピースなどお口の中に入る物はすべてDACというシステムで滅菌を行っています。

高圧蒸気滅菌器【DACプロフェッショナル】DACプロフェッショナル
高圧蒸気滅菌器は、真空の状態と蒸気で高圧力をかけた状態を何度も繰り返し、細菌やウイルスを死滅させるシステムで、一般的にオートクレーブと呼ばれています。
滅菌能力の高さからB、S、Nの3段階に分かれており、当院ではヨーロッパ基準のクラスBの高圧蒸気滅菌器を導入し、患者様への細菌感染のリスクヘッジを行っています。

コンビネーション型滅菌器【DACユニバーサル】DACユニバーサル
歯科医院としての衛生管理レベルを明確に示すのが、治療器具のハンドピース部分までの洗浄滅菌です。当院では患者さんごとに、タービンやハンドピース部分を滅菌できるコンビネーション型滅菌器を投入しています。

全自動洗浄器【IC Washer】IC Washer
治療器具の洗浄・消毒から乾燥を全自動で行うため、歯科衛生士が患者さんのケアや対応に専念することができます。

快適でリラックスして治療を受けていただける診察ユニット

診察ユニット歯科医院が苦手という方は、治療の際のキィーンという音がいやという方が多いようです。当院では、患者さんが不快と感じる6,000〜7,000Hzの騒音を緩和できる治療器機を整備しています。

また、無理なく楽な姿勢で治療を受けていただけるように、人間工学に基づいた設計の診療チェアを導入し、快適に治療を受けていただけるように努めています。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

カウンセリング予約