«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年5月 1日

当院は現在新型コロナウイルスの感染拡大防止のため休診しておりますが、5月8日(金)より診療を再開致します。緊急事態宣言は延長がほぼ確定しておりますが、既に2度のご予約延期を行なっている患者さまもいらっしゃいますし、このまま矯正装置を装着している皆さまの治療を延期し続けることはできないため、できる限り感染防止に努めながら診療を再開したいと存じます。

よって今日は当院が行なっている感染対策についてお話ししたいと思います。

当院ではこれまでも器具の消毒・滅菌については力を入れて参りましたが、新型コロナウイルスの感染防止のためより意識を高く持って対策に取り組んでいく所存です。
以下、当院での感染対策について、従来からのものと新たに加えたもの交えてご説明致します。


1)人の密度を下げるための取り組み

・木曜日を休診日→診療日へ変更
5月よりこれまで休診日としておりました木曜日についても診療を行います。
矯正歯科の場合は1ヶ月に1回治療を進めるというのが基本になるため、既存の患者数を急に抑えるということはできません。当院ではスタッフの出勤を分散し、予約できる日を増やすことで人の密度を低下させます。私が不在の日もございますので、所在している日をご希望の場合は受付にお申し出下さい。

・患者さま同士の距離の確保
待合室でお待ちの際には、距離を開けてお座り下さい。また、お付き添いは1名まででお願い致します。
当院では来院患者数に対して待合室が比較的広く設計されているため、距離を開けてお待ちいただけます。また、診療台ごとの間隔も広めに設計されております。
以下の写真のように、間隔を開けてお座り下さい。

kansentaisaku01.jpg


2)消毒・滅菌についての取り組み

当院では従来よりスタンダードプリコーションを重んじ、
・患者毎のグローブの交換
・ディスポーザブル(使い捨て)エプロン・紙コップの使用
・その他ディスポーザブルが望ましい道具の使用
 排唾管(唾液を吸い取る器具)、アプリケーター(薬剤を歯などに塗布する道具)など
 を使い捨てとしています
・患者毎のピンセット、ミラー、トレーなどの基本セット、矯正歯科用プライヤーの滅菌
・患者毎の診療台のアルコール消毒
を行なって参りました。

滅菌・消毒に関しては従来より以下の機器を導入しております。

オートクレーブ
高圧蒸気滅菌器(スチームステリライザー)です。日本ではオートクレーブと呼ばれることが多いものです。高温高圧の飽和水蒸気により細菌やウイルスを死滅させます。
滅菌能力の高さからB、S、Nの3段階に分かれており、当院では最高水準のクラスBの高圧蒸気滅菌器 DAC Professional(デンツプライシロナ社製)を導入しております。

スクリーンショット 2020-04-18 19.04.06.png

ハンドピースの洗浄・滅菌から乾燥を全自動で行うDAC Universal(デンツプライシロナ社製)という機械です。当院ではハンドピースを使用毎に滅菌しております(いわゆるハンドピースの使い回しをしていません)。


スクリーンショット 2020-04-18 19.04.14.png

ウォッシャーディスインフェクター(感染防止洗浄機)です。当院ではIC Washer(モリタ社製)を導入しています。高いレベルでの器具の洗浄・消毒作業(予備洗浄→本洗浄→すすぎ2回→熱水消毒(93℃10分)→乾燥)を全自動で、合計103分の時間をかけて行います。機械化により効率良く、また作業レベルを均一にすることができます。作業レベルの均一化について碎けた言い方をすると、誰が扱っても高いレベルの洗浄・消毒が行われます。


・診療台のディスポーザブルラッピング(新型コロナウイルス対策として新たに追加)
歯科の診療台はどうしても操作ボタンやライトを手指で触れないといけない機会が有ります。このため平常時通り患者さまごとに診療台のアルコール消毒した上で、ラッピングを交換することと致しました(3月下旬より開始しております)。
患者Aの口腔内に触れたグローブで診療台を触る

患者Bのグローブで診療台を触る

患者Bの口腔内に触る
の流れでの間接的な接触感染を避けるためです。診察毎のアルコール消毒はしっかりと行なっていますが、念には念を入れて対策をしています。

ユニット全体テーブルライト


・患者さまごとにカルテ用のボールペンを交換
カルテ・歯などのイラスト・メモなどを記載する際にはボールペンを用います。患者さまの口腔内に触れたグローブでペンに触れないように指導しておりましたが、よりリスクを抑えるための感染対策として、カルテ1つに対して1本のボールペンを同時に保管することと致しました。患者さまの矯正用ワイヤーに記しをつけるためのマーカーも同様と致します。
これも先ほどの診察台と同様の考えで、
患者Aの口腔内に触れたグローブでボールペンを触る

患者Bのグローブでボールペンを触る

患者Bの口腔内に触る
の流れでの間接的な接触感染を避けるためです。


3)その他新型コロナウイルス感染拡大防止のための新たな取り組み
・院内の換気
診療時間はクリニックの入り口、窓を開けて換気を図っております。

・来院時の問診票の記入、検温
来院時に新型コロナウイルスに関しての問診票を記入していただき、検温を行なっていただきます。37.5℃以上の発熱が有る方は診察を受けることはできません。

・診療開始前のポビドンヨード液によるうがい
診療を開始する前にポビドンヨード液にてうがいをしていただきます。ポビドンヨード液は幅広いウイルスに効果が有り、MERSコロナウイルス 、SARSコロナウイルスに対する高い効果も証明されています(新型コロナウイルスに対する効果はまだ証明されていません)。
ヨウ素に対する過敏症のある患者さまには使用禁忌、甲状腺機能に異常のある患者さまには慎重投与という扱いになるため、お申し出下さい(問診票でもお訊ねします)。

・エアタービン、超音波スケーラーの使用制限
唾液を広範囲に飛散させ感染のリスクが高いと考えられるエアタービン、超音波スケーラーの使用を基本的に停止しております。止むを得ない状況に限り注意を払いながら使用致します。矯正治療はタービン、超音波スケーラーを使用しなくても進められる処置がほとんどです。

・スタッフの検温
全スタッフ、出勤時に検温を行なっております。


以上のように対策を行なっております。これらの対策を持ってすれば当院を受診することによって皆さまが新型コロナウイルスに感染するリスクというのは極めて小さいと考えられます。

そうは言っても受診することに不安が強いという患者さまがおられるのは無理も有りません。再度ご予約を延期していただいて構いませんので遠慮無くご連絡下さい。出産・留学・出張などで数ヶ月の間矯正治療が中断するということは良く有ることですので、間隔が開くことをご心配なさらないで下さい。
また、公共の交通機関を利用することに不安で、お車で来院することが可能な方は当院がございます谷川ビルの駐車場をご利用下さい。診察時間分の駐車チケットをお渡し致します。

最後に、以下に当てはまる方は受診をお控え下さい。

・37.5℃以上の発熱が有る
・風邪のような症状が有る
・強い倦怠感(だるさ)や息苦しさ(咳、呼吸困難症状)が有る
・味覚や嗅覚の異常がある
・14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した
・新型コロナウイルス感染症の方および感染症検査を行なっている方と濃厚接触の疑いが有る

新型コロナウイルスに関してはまだ分かっていないことも多いため、今後も対策をアップデートしていきたいと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

待合室

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩4分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

2020年4月17日

横浜フォルテ矯正歯科に通院中の皆さまへ

当院では新型コロナウイルス(COVID-19)の影響と感染拡大防止の必要性を重く受け止め、3月下旬からご予約の延期要請を開始し、4月8日の緊急事態宣言の発出に伴って休診とさせていただいております。急患対応のみ行なっております。
休診することにより、患者さまの治療期間は延びてしまいますので申し訳ないと存じております。

休診という判断に至った理由と、今後の見通しについて述べさせていただきます。
少々長文となりますが、お目通し頂ければ幸いです。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により多くの人が苦しみ、特に首都圏は医療崩壊の危機に瀕しております。
都医師会からも医療的緊急事態宣言が発せられていますし、以下のような公にされているメッセージからも危機感が伝わります。

-- 神奈川県医師会から神奈川県民の皆様へのお願い --
https://kanagawa-med.or.jp/images/about_coronavirus.pdf

-- 日本緊急医学会・日本救急医学会から新型コロナウイルス感染症に対応する学会員、救急医療関係者への文書-- (一般向けの文書ではありませんが、医療崩壊に瀕する危機的な状況が実感できます)
https://jsem.me/news/items/ad4c870a930fdffef24e985602e7b607915c3961.pdf?fbclid=IwAR1bBcGNKm_SPryjwLqp83CN6HdoUOeeVZC84l_JZoHPQk-CTiJWOGlPBj4

このまま感染拡大に失敗すれば医療機関はパンクし、新型コロナウイルスによる苦しむ人、命を落とす人が大勢出てしまうだけでなく、平常時であれば助かるはずの疾患の人までその多くが助からなくなります。また、医療スタッフの疲弊は計り知れないものとなるでしょう。

それを防ぐために今、必要なのは人と人が接する機会を減らすことです。非常にシンプルなことです。

当院には平常時多くの患者さまがいらっしゃいます。そのままの状態で診療を続けると接触機会を減少させることはできません。多くの人の公共機関での移動も生むことになります。
しかしながら、○○さんの診療はするけど△△さんの診療はしないというようなことはできないため、皆さまにご予約の延期をお願いしております。

またスタッフの安全という点もご予約の延期をお願いする大きな理由の一つです。歯科のスタッフは新型コロナウイルスの感染リスクが高いと言われ、実際に感染例が報じられています。スタッフが感染すれば業務停止となり、急患対応すらできなくなると考えられます。矯正歯科医院には感染防止のための高度な装備(高機能のマスクやガウンなど)は用意が無く、またそれは新型コロナウイルスの治療にあたる医療機関に優先的に提供されるべきで、当院が今求めるべきでは有りません。

医療機関は休業要請の対象とはなっていませんので、歯科診療所も対象外です。ですが、医療機関として一纏めにするのはどうでしょうか。例えば歯のホワイトニングなどは不急と言え、こんな時には自粛すべきと考えるのが一般的でしょう。対して歯がズキズキ痛くて食べられない、眠れないような時には全ての歯科医院が閉鎖していたら困ることでしょう。
政府や自治体にも様々な診療行為を一つ一つ不急かどうか分別する時間は無いでしょうから、各責任者が判断するしかないのです。

よって街中には平常通り診療している歯科も有れば、休診している歯科も有ります。母校である大学の歯学部附属病院は外来を停止(緊急性の有る一部疾患を除く)しております。

矯正治療は緊急性が高くはない治療です。したがって平和な日常を取り戻すために正念場と言えるこの局面に、当院の責任者として一ヶ月の休診という判断を致しました。ここで皆さまにご協力いただくことが、新型コロナウイルスの感染拡大の防止の一助となると考えております。

とは言え、矯正装置を装着している皆さまの治療をいつまでも引き伸ばし続けるわけにはいきません。私共は皆さまの歯並びを治療するという約束をしています。刻一刻と変化する情勢を見極め、今後はできる限りの感染防止策、人の密度を下げる策を練って診療再開に臨みたいと存じます。

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
皆さまのご健康を心よりお祈り致します。

2020年4月16日

横浜フォルテ矯正歯科をご利用の皆さまへ

当院では新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、4月9日〜5月7日まで原則として休診致します。

その理由としては、
・当院における新型コロナウイルス感染のリスクを減らすため
・来院する患者さま、スタッフが移動により新型コロナウイルスに感染するリスクを減らすため
・神奈川県、ひいては全国の感染のピークを低くし、医療崩壊のリスク回避を目指すため
・矯正歯科という治療の特性上、ガウンなど徹底した感染防止のために必要な物資の用意が無いため
からでございます。

今は国民ひとりひとりが足並みを揃えて自粛することが求められますので、どうかご理解をお願い致します。

この間、矯正装置によるお痛みが有る患者さまに限り、日時を絞ってお痛みを取り除くための急患対応を行うことと致します。通常の診療を進めることはできませんのでご注意下さい。従来通り急患対応に費用は発生しません。

4月11日(土) 11:00〜15:30(最終受付時間)
4月15日(水)15:00〜19:30
4月18日(土)11:00〜15:30
4月22日(水)15:00〜19:30
4月25日(土) 11:00〜15:30
4月29日(水・祝) 11:00〜15:30
5月2日(土) 11:00〜15:30
5月6日(水・祝) 11:00〜15:30
要事前予約となりますので、ホームページの問い合わせフォームよりご予約をお願い致します。
https://www.forte-dental.jp/contactssl.html

今後の新型コロナウイルス (COVID-19)の感染拡大状況によっては急遽変更・中止する可能性がございます。
また、同時間は電話対応も行う予定です。恐れ入りますがその他の時間でのお問い合わせはホームページの問い合わせフォームをご利用下さい。
患者さまの取り違えが無いよう、診察券番号を「その他」の欄にご記入下さい。

休診期間中にご予約の有る、マウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正治療中の患者さまには新しいアライナーを郵送致します(治療の段階により郵送できない場合が有ります)。
治療費を分割でお支払いの患者さまにつきましては、ご希望が有れば延期期間中の分割払いの中断に対応致しますので個別にお申し出下さい。

大変なご不便をおかけし申し訳ございませんが、この難局を皆さまと力を合わせて乗り越え、無事にお会いしたいと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2020年3月28日

横浜フォルテ矯正歯科へ通院中の患者さまへ

いつも当院をご利用いただきありがとうございます。

ご周知の通り、感染拡大する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、神奈川県から不要不急の外出自粛要請が出されています。
当院では事態を深刻に受け止め、患者さまとスタッフの安全を第一に考え4月前半(15日まで)に診察をご予約の患者さまに、約1ヶ月先への変更をお願いしたく存じます。

例外として、

・矯正装置が当たることによる痛みが有る患者さま
・矯正装置の脱離や故障が有り、後戻りするリスクが有る患者さま
・その他やむを得ない理由により予約の変更が難しい患者さま

につきましては診察を行わせていただきます。
診察を1ヶ月延期することにより、矯正治療の終了が1ヶ月遅れると想定されます。
しかしながらそれにより皆さまの、またご家族の生命が脅かされることはございません。

今後の状勢によっては更なる延期をお願いする可能性もございますし、誠に心苦しく申し訳なく存じますが、今はそれが最善と判断致しました。
ご理解のほど何卒お願い申し上げます。

予約の近い患者さまから順次当院からお電話にてご連絡差し上げますが、
こちらをご覧になられた患者さまは、

下記の予約フォームにて
お名前・予約変更先の希望日時・診察券番号(その他の欄にご記入下さい)をお知らせいただけると幸いです(お忙しければお電話をお待ちいただいて構いません)。

https://www.forte-dental.jp/contactssl.html

治療費を分割でお支払いの患者さまにつきましては、延期期間中の分割払いの中断に対応致しますので個別にお申し出下さい。

皆さまの健康を心よりお祈り申し上げます。


医療法人社団孝世会
横浜フォルテ矯正歯科
院長 鈴木剛史


2020年3月27日

皆さまへ

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による神奈川県からの週末の不要不急の外出自粛要請が有りました。
これを受け、横浜フォルテ矯正歯科は患者さま、スタッフの安全を考え3月28日(土)、3月29日(日)の両日を臨時休診することと致しました。

既にご予約をいただいている患者さまには順次ご連絡し3〜5週間後への予約の変更をお願いさせていただきます。

ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩4分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

2020年1月 3日

明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年はなんと言ってもオリンピックイヤーですね。チケットが当たった皆様、おめでとうございます。開幕が今から楽しみで仕方ありませんが、人気競技の影響による予約変更で混乱しないかなど心配も有ります。

早いもので横浜フォルテ矯正歯科は5月を迎えると開院して丸8年となります。2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩4分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

2019年10月21日

2019年 11月20日(水)〜22日(金)は日本矯正歯科学会に参加のため休診となります。
ご不便をおかけ致しますが、ご了承のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年5月 1日

令和元年おめでとうございます。

平成24年に開院した横浜フォルテ矯正歯科もお陰さまで無事に新しい時代を迎えることができました。引き続き令和でもよろしくお願い申し上げます。

この連休中にPCのOSやソフトのアップデートを済ませておこうと作業していたところ、見事にアップデート中にフリーズしまして、私の令和元日はアップルストアにて対応していただく待ち時間で概ね消費されました。
こんなこともあろうかと思っていたので、やはり連休中にアップデートして正解だったと感じた次第です。

*令和元年5月1日(水)〜5日(日)は休診となります。あしからずご了承下さい。
 急を要する場合はホームページのお問い合わせフォームをご利用下さい。

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩3分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

2017年12月15日

たまに子供の矯正治療(小児矯正)は早く始めるに越したことはないと思っている方がいますが、それは誤りです。

歯並びや顎の成長により適正なタイミングは一人一人異なりますので、一概には言えないのですが、早い子供で7歳くらいからです(受け口の場合は3〜4歳で始めることもあります)。

成長のピークが過ぎた14〜16歳くらいまで待ってから始めた方が良い場合も多くあります。この年齢から始めて1年半〜2年くらいで歯を並べ終わることができます。
こういったケースを低年齢から始めると、矯正治療期間がすごく長くなったり、思いの外、治療費が嵩んでしまったりする場合がありますので注意が必要です。

一刻を争うほど早く矯正治療を始めた方が良いという緊急事態はほとんど有りませんので、治療を急かされても焦らずに、いくつかの矯正専門医の意見を聞いて検討するのが良いのではないでしょうか。


⇒横浜フォルテ矯正歯科 子供の歯列矯正ガイド(小児矯正ガイド)はこちらです
banner_child.png

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩3分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

2017年12月14日

今年もクリスマスシーズンがやってきましたね。

横浜フォルテ矯正歯科の飾り付けのラインアップにも新たにサンタとスノーマンの兄弟が加わりました。

受付カウンターにちょこんと腰掛けている姿がいい感じです。

クリスマス.JPG

子供~大人まで 歯並びとかみ合わせのことなら 横浜駅西口徒歩4分 神奈川・横浜の歯列矯正専門医院 横浜フォルテ矯正歯科のトップページへ

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
鈴木剛史

横浜フォルテ矯正歯科
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区
鶴屋町2-24-1
谷川ビルディング
ANNEX館 4F

横浜駅西口4分

横浜フォルテ矯正歯科
院長 鈴木剛史

【経歴】
私立神奈川大学附属高等学校卒業
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
東京医科歯科大学大学院顎顔面矯正学分野専攻課程修了

【大学卒業年】
2005年

【所属学会】
日本矯正歯科学会 認定医
東京矯正歯科学会
WFO(World Federation of Orthodontists)世界矯正歯科医連盟
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
バイオオルソ研究会(東京医科歯科大学矯正歯科OBによる矯正歯科治療の勉強会)
インビザライン認定ドクター
インコグニート認定ドクター