新型コロナウイルス感染症への対応

今なお世界で猛威をふるう、新型コロナウイルス感染症に対して、当院の対応と今後の方針をご報告させていただきます。

当院ではこれまでも器具の消毒・滅菌については力を入れて参りましたが、新型コロナウイルスの感染防止のためより意識を高く持って対策に取り組んでいく所存です。
以下、当院での感染対策について、従来からのものと新たに加えたもの交えてご説明致します。


1)人の密度を下げるための取り組み

・患者さま同士の距離の確保
待合室でお待ちの際には、距離を開けてお座り下さい。また、お付き添いは1名まででお願い致します。
当院では来院患者数に対して待合室が広く設計されているため、距離を開けてお待ちいただけます。また、診療台ごとの間隔も広めに設計されております。
以下の写真のように、間隔を開けてお座り下さい。

kansentaisaku01.jpg


2)消毒・滅菌についての取り組み

当院では従来よりスタンダードプリコーションを重んじ、
・患者毎のグローブの交換
・ディスポーザブル(使い捨て)エプロン・紙コップの使用
・その他ディスポーザブルが望ましい道具の使用
 排唾管(唾液を吸い取る器具)、アプリケーター(薬剤を歯などに塗布する道具)など
 を使い捨てとしています
・患者毎のピンセット、ミラー、トレーなどの基本セット、矯正歯科用プライヤーの滅菌
・患者毎の診療台のアルコール消毒
を行なって参りました。

滅菌・消毒に関しては従来より以下の機器を導入しております。

オートクレーブ
高圧蒸気滅菌器(スチームステリライザー)です。日本ではオートクレーブと呼ばれることが多いものです。高温高圧の飽和水蒸気により細菌やウイルスを死滅させます。
滅菌能力の高さからB、S、Nの3段階に分かれており、当院ではクラスBの高圧蒸気滅菌器 DAC Professional(デンツプライシロナ社製)を導入しております。

スクリーンショット 2020-04-18 19.04.06.png

ハンドピースの洗浄・滅菌から乾燥を全自動で行うDAC Universal(デンツプライシロナ社製)という機械です。当院ではハンドピースを使用毎に滅菌しております(いわゆるハンドピースの使い回しをしていません)。


スクリーンショット 2020-04-18 19.04.14.png

ウォッシャーディスインフェクター(感染防止洗浄機)です。当院ではIC Washer(モリタ社製)を導入しています。器具の洗浄・消毒作業(予備洗浄→本洗浄→すすぎ2回→熱水消毒(93℃10分)→乾燥)を全自動で、合計103分の時間をかけて行います。機械化により効率良く、また作業レベルを均一にすることができます。作業レベルの均一化について碎けた言い方をすると、誰が扱っても同じレベルの洗浄・消毒が行われます。


・診療台のディスポーザブルラッピング(新型コロナウイルス対策として新たに追加)
歯科の診療台はどうしても操作ボタンやライトを手指で触れないといけない機会が有ります。このため平常時通り患者さまごとに診療台のアルコール消毒した上で、ラッピングを交換することと致しました(3月下旬より開始しております)。
患者Aの口腔内に触れたグローブで診療台を触る

患者Bのグローブで診療台を触る

患者Bの口腔内に触る
の流れでの間接的な接触感染を避けるためです。診察毎のアルコール消毒はしっかりと行なっていますが、念には念を入れて対策をしています。

ユニット全体テーブル



3)その他新型コロナウイルス感染拡大防止のための新たな取り組み
・院内の換気
診療時間はクリニックの入り口、窓を開けて換気を図っております。

・来院時の問診票の記入、検温
来院時に新型コロナウイルスに関しての問診票を記入していただき、検温を行なっていただきます。37.5℃以上の発熱が有る方は診察を受けることはできません。

・診療開始前のポビドンヨード液によるうがい
診療を開始する前にポビドンヨード液にてうがいをしていただきます。ポビドンヨード液は幅広いウイルスに効果が有り、MERSコロナウイルス 、SARSコロナウイルスに対する効果も証明されています(新型コロナウイルスに対する効果はまだ証明されていません)。
ヨウ素に対する過敏症のある患者さまには使用禁忌、甲状腺機能に異常のある患者さまには慎重投与という扱いになるため、お申し出下さい(問診票でもお訊ねします)。

・スタッフの検温
全スタッフ、出勤時に検温を行なっております。


以上のように対策を行なっております。これらの対策を持ってすれば当院を受診することによって皆さまが新型コロナウイルスに感染するリスクを可能な限り抑えております。

そうは言っても受診することに不安が強いという患者さまがおられるのは無理も有りません。再度ご予約を延期していただいて構いませんので遠慮無くご連絡下さい。出産・留学・出張などで数ヶ月の間矯正治療が中断するということは良く有ることですので、間隔が開くことをご心配なさらないで下さい。
また、公共の交通機関を利用することに不安で、お車で来院することが可能な方は当院がございます谷川ビルの駐車場をご利用下さい。診察時間分の駐車チケットをお渡し致します。

最後に、以下に当てはまる方は受診をお控え下さい。

・37.5℃以上の発熱が有る
・風邪のような症状が有る
・強い倦怠感(だるさ)や息苦しさ(咳、呼吸困難症状)が有る
・味覚や嗅覚の異常がある
・14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国した
・新型コロナウイルス感染症の方および感染症検査を行なっている方と濃厚接触の疑いが有る

新型コロナウイルスに関してはまだ分かっていないことも多いため、今後も対策をアップデートしていきたいと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

1.最初は矯正装置による不快感、痛み等があるものの、数日から1、2週間で慣れることが多いです。
2.歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間が延長する可能性があります。
3.装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療は患者さんの努力が必要となります。それらが治療結果や治療期間に影響します。
4.治療中は、装置が付くため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
5.歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
6.ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
7.ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、壊死することがあります。
8.治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
9.治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
10.様々な問題による影響で、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
11.歯の形を修正や、咬み合わせの微調整を行う可能性があります。
12.矯正装置を誤飲する可能性があります。
13.装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
14.装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないため、後戻りの生じる可能性が高くなります。
15.装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
16.あごの成長発育により咬み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
17.治療後に親知らずが生え、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると咬み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
18.矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

カウンセリング予約